FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
SSRIを服用するのを急にやめると、


気がふさぐ、「電気が走る」、知覚異常、頭痛、めまい、吐き気、疲れやすさなどの症状が出ることがあります。これは、SSRIの離脱症状と言われています。

これは、パロキセチン(=商品名パキシル)で特に多い印象があります。

パロキセチンは不安の強いうつ病に良く効き、効き目も早い印象があるのですが、この離脱症状が起きやすいことと、性機能障害(特に射精困難)が起きやすく、体重も増えるというマイナス面があります。

<そんなわけで、大うつ病にはこれまでほとんど投与してきませんでした。不安障害には使うこともありましたが>

近々、ゆっくりと効くタイプのパロキセチン(CR錠)が発売されます。これによって、こういった副作用が軽くなることが期待されます。



スポンサーサイト
2012.04.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://asanagispirito.blog.fc2.com/tb.php/72-0abe0dc4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。