FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
精神疾患は五大疾病の一つです。


以前は、がん、脳卒中、心臓病、糖尿病の4つが四大疾病でした。厚生労働省は、H23年7月から精神疾患をそこに加え、5大疾病と位置付けて、重点的な対策を行うことにしました。

精神疾患の患者さんは、2008年の調査では323万人にのぼり、糖尿病(237万人)や、がん(152万人)を上回っています。

国が本腰を入れて精神疾患の対策に乗り出したわけです。もっとも、日本の精神医療が諸外国より遅れていることの表れかもしれません。

自殺が多いのは日本人特有の心性もあるでしょう(「日本人の死生観」)が、3万人を超える自殺が続いていることには弁解しようがありません。

国の決定を受けて、各都道府県は医療計画を練ります。具体的には、県や市の医師会に予算を与えて対策を依頼するわけです。

<今年度、医師会などが主催して、多くの研究会や協議会やシンポジウムが開かれました。僕も何度か講師をつとめました>

対策の柱は、医療機関の連携の強化です。認知症やうつ病が疑われる患者さんが、専門でない診療科を受診した際に、適切に判断して初期治療を行ったり、専門医への橋渡しをすることで、病気の悪化を防ぐわけです。

そのためには、精神疾患に対する一般の理解を高める必要があります。病気の啓発です。

啓発には様々なレベルがあります。一般の方への啓発(これはかなり効果がありました)。プライマリ・ケア医に対する啓発。専門家に対する啓発。

ここにはいくつかの問題が潜んでいると思います。

うつ病を例に挙げます。

うつ病の治療はやや混乱しています。

混乱の原因の一つには、うつ病の概念が広がったために、一般の方と、プライマリ・ケア医、専門家(あるいは専門家の間でさえ)で、思い描く病態がかなり違っていることがあります。

<大うつ病、うつ病、うつ、うつ状態、神経症性うつ病、躁鬱、気分に一致しない精神病性の特徴を持つ大うつ病、軽い大うつ病・・・・・>

医療機関の種類によって、来院する患者さんの病状には偏りがあります。ザックリ言うと、一般科→心療内科→精神科病院の外来の順に病状は重くなります。

<診断基準の症状の判定は主観的なので、軽い患者さんばかり見ていると、過剰診断(軽い人をうつ病と診断する)が増えると思います>

一般科には軽症の患者さんや、現代型うつ病の患者さんが多く来院するでしょう。その場合に、過剰診断がなされて、SSRIが投与されることはないでしょうか。

ところが、SSRIは軽症や中等症の場合には、あまり効果はありません。いわゆる現代型うつ病への効果も大きくありません。

一方で、SSRIは、不用意に投与すると、投与初期にはアクチベーション・シンドロームが起こりやすく、急にやめると離脱症状群が起こります。また漫然と大量投与を続けると、前頭葉類似症候群などを起こすこともあります。

<本来は、軽いうつの方はSSRIは投与せず、じっくりと患者さんのお話を聞いて治療するべきだと思います。この反対のことが行われているのではないでしょうか>

以前述べましたが、アメリカではSSRIの使用量が増えて、自殺が減ったのに、日本では自殺が減っていません。このことは重く受け止めるべきでしょう(「自殺とSSRI」)。

DSM(アメリカの操作的な診断基準です)の診断はⅠ軸診断だけでは、治療方針は立てられません。Ⅱ軸のパーソナリティー障害や、Ⅲ軸の一般身体疾患、Ⅳ軸の心理社会的および環境的な問題を十分に考慮して治療方針を立てるべきだと思います。

ごくごく当たり前のことです。
スポンサーサイト
2012.04.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://asanagispirito.blog.fc2.com/tb.php/71-b9bf9136

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。