FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
隠し事のすすめ

心療内科の外来には大量の秘密が隠されています。なんていうと、大げさですね。僕の胸にしまってあるということです。

「これは・・には黙っていて下さい」「こんなことは誰にも話してないことですが…」「ここに相談に来たことは・・には内緒に」

人間関係のこと、お金のこと、病気のこと、仕事のこと、進学、離婚などなど・・もっと深刻なこともありますが。

隠すということはとても健康なことです。秘密がない人なんていません。親子、夫婦、親友、会社、学校・・。いたるところに秘密があります。その方が普通です。

先日ある営業の方が、もしも全員にGPS携帯が義務付けられて、つねに居場所を把握されていたら、営業なんかやっていられないと言っていました。

裏というか本音の部分というか、ある種のグレーゾーンは必要だと思います。

告白することで内面が生まれた、ということを読んだことがあります。


こくはく


キリスト教徒は教会で告解することで「内面」が生まれたというのです。隠すべきものがあって隠し事が生まれるのではなく、ある特別な方法で告白するという制度があることで、隠すべき内容(内面)が生まれたというようなことでした。

読んだ時にすんなりとは理解できませんでした。

僕なりの理解はこうです。仲のいい若い男女がいたとします。それまで集団で遊んでいたとします。一方の男性(仮に)が彼女に思いを告げようとしたとします。すると突然彼女を意識し始めます。彼女に対して隠すべきことが出てきます。嫌われたくないとか、これは知られたくないとか。これが内面だと思います。

「これは、先生だから話しますが、夫には黙っていてくださいね」

僕に話そうとする前までは、別に秘密を意識してはいませんでした。話すことで、彼女のこころの中に隠しておくべき別の部分ができたことになります。これを内面というのでしょう。

どうしても嘘をつかなくてはならないこともあるとは思いますが、嘘をつくとそれを隠すために新たな嘘をつかなくてはなりません。これはとても大変なことです。よっぽどのことがなければ、嘘はやめておきましょう。きっと自分に返ってきます。

隠すこと、本当のことをあえて言わないでいるのは、けっこう許されるのではないかと思います。ということで、みなさん気楽に隠し事をしましょう



スポンサーサイト
2011.08.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://asanagispirito.blog.fc2.com/tb.php/43-8f19082d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。