FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「死にたい」という言葉を聞かない日はまずありません。深刻なものから、ふっとそう思った、という程度のものまでさまざまですが。


この言葉になんとか答えようとするのが、心の医療の現場です。

「死にたい」について尋ねると、「消えてしまいたい」とか、「この世からなくなってしまいたい」と言う場合が多いです。

「この世には価値なんてないんだから、生きていてもしょうがない」とか、「人間どうせ死ぬんだから、何をやっても意味がない」ということだと思います。

<↑このことをニーチェは「ニヒリズム」と言いました>

「死んでしまえば、苦しいことから逃れられる」と考える気持ちは、分からないではありません。

<↑これを「無への意志」と言います。たいていの宗教の背後には、これがありますよね>

「苦しいことから逃れたい」という考えに取りつかれている人を、「楽しいことをしたい」という考えに変えるのが、治療の目標といえるでしょう。

<↑これは「ニヒリズムの克服」ですね。=受動的ニヒリズムを、能動的ニヒリズムに変えるわけです>

死にたいと言う人は、世の中に対して恨みの気持ちを持っていることも多いです。社会がいけない、親がいけない、他人がいけない、というような気持ちです。「もし・・だったらなあ」という気持ちもそうでしょう。

<↑これを「ルサンチマン」と言います>

こういう気持ちがあると、幸せが感じにくくなくなります。恨んでもどうにもなりませんよね。だったらこんなこと忘れてしまいましょう。(弱者の宗教であるキリスト教は、かつてルサンチマンに耐えろと言っていました)

<↑これが「ルサンチマンの克服」です。恨みは忘れちゃえばいいんです>


生きている意味はないと絶望して、死を求めるのではなく、生きることによって、世界に意味を見出しすことが大切です。

(=快楽を求めましょう。人生を楽しみましょう)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というようなことが、僕の治療の根本です。惰性で生きるのではなく、より積極的に楽しい人生を送ってもらいたいと思います(お節介なようですが)。

社会によって生かされるのではなく、自分で生活の糧を稼いで、好き勝手なことをやってもらいたいと思っています。

<この間、統合失調症の患者さんが社会復帰しました。僕の中では何年越しのプロジェクトでした。職場を覗いて来ました。彼女の表情は、それまでとはまるで違っていました>


スポンサーサイト
2012.03.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。