FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
LOH症候群(Late onset hypogonadism syndrome)加齢男性性腺機能低下症候群


「ためしてガッテン」でやっていましたよ、とある患者さんに教えていただきました。

男性の更年期障害のことです。ふつう男性の場合は男性ホルモン(テストステロン)の分泌低下は徐々におこるので、女性ほど目立った症状は出ません。ですが、ストレスなどでテストステロンの分泌が低下すると、LOH(ロー)症候群になります。40から50代と、70代の二つピークがあります。全国で600万人の患者さんがいるそうです。(LOH症候群になると、心臓病、糖尿病、メタボリック症候群、癌にかかりやすくなります)



症状は、以下の3つです。


・精神症状(いらいら、つかれ、不眠、不安)
・性症状(性欲が落ちます。EDになります。起床時の勃起がないことが一番の指標です)
・身体症状(筋肉が落ちる、ひげが薄くなる、寝汗をかく)


原因も症状も、うつ病と重なります。


環境を調整して、ストレスを減らすというのが本質的な治療でしょう。それだけで改善しないなら、女性の場合がエストロゲン補充療法するように、男性ホルモンを補充することになると思います。

ただし、副作用はどの程度なのでしょうか。

病気と正常の境目は難しいです。治療ができるようになると、病気という名前がつきます。治らないものは、年だからというわけです。医学が進むと病気が増えることは間違いありません。

病気と言われたら、治療法がある、と考えていただければと思います。老衰は今のところ病気ではありません。


スポンサーサイト
2011.08.30 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。