上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
チャンピックスはとても良く効きます。


これを服用した方は本当にタバコが美味しくなくなると言います。ですが、かなり副作用が強いです。アメリカでは重篤な副作用が多い薬剤で1番になりました。

うつ病や、錯乱状態、意識障害があります。

アメリカではチャンピックスは枠付きの警告(=もっとも危険という意味です)扱いです。アメリカでは14人の自殺に関連があるとされています。

これまで何人か、これが原因のうつ病の方がクリニックに来ています。

現在治療中の方も何人かいます。もうちょっとで禁煙に成功の方には続けてもらっていますが、治療初期の方には、やめていただきました。

タバコをやめて、自殺してしまったら本末転倒ですからね。


スポンサーサイト
2011.11.22 / Top↑
リービング・ラスベガス


リービング 縮小

とっても切ない映画です。

ハリウッドの映画脚本家のベン(ニコラス・ケイジ)は、アルコール依存のために職を失います。

全財産をお金に換えて、ラスベガスに向かいます。酒を飲んで死ぬために。


リービングラスベガササ

この映画の原作者も、映画の公開後に自殺しました。

切なさの理由はなんでしょう。

酒をやめさえすれば、また元通りの生活に戻れるのに、どうしてそうしなかったのか。それが、歯がゆいんだと思います。どう考えても、死ぬ必要なんかなかったと思います。

病気のただ中にいると、そんな当たり前のことが分からなくなります。酒をやめることなんか出来っこない。今後まっとうな生活なんかありっこない、そう思いこんでしまうのでしょう。

かつての日本の無頼な私小説作家を思い出します。小説と実生活の境界が曖昧になっているような。

小説のリアリティーのためにあえて破滅的な人生を追及するような。

リービングラスベガスウ

一人では酒をやめることはできません。家族だけでも無理です。人の気持ちを解ってあげようとする優しい家族は、往々にして強く酒をやめるように言えないものです。

AA(アルコール・アノニマス)といわれている、断酒会などに参加すべきだと思います。

そこでは同じ悩みを抱える仲間がいます。そこから立ち直った人もいます。そんな支えがないと酒をやめることはできません。

タバコの何倍も恐ろしいものです。タバコは体を壊しますが、アルコールは人生を、家族を破壊します。

リービングラスベガス3

ベンはお酒を飲んで死のうと思い、実際に死んでしまったので、これは自殺と言っていいでしょう。疾病統計上は自殺には含まれないでしょうが。

自殺者に占めるアルコール依存症患者の割合には、様々な研究があります。フィンランドの1993年の報告では自殺者の44%がアルコール依存でした。

アルコール乱用、依存は、自殺のリスクを60~120倍高めるという1990年のジェネラル・サイキアトリーの報告もあります。

また、酔った勢いで衝動的に死ぬということも多いと思います。

アルコール依存症患者の41%がうつ病を合併しています(1997年、アメリカンジャーナル)。

日本の自殺者は年間3万人を超えています。自殺者を減らすには、お酒の消費量を減らすのが最も有効です。今年の精神神経学会で、国立精神神経センターの松本俊彦さん(確か)が力説していました。

しかし、これを宣伝しようとすると酒造メーカーからの圧力が大きいのだそうです。

僕はビールも、ワインも、焼酎も好きです。上手な飲み方をして、長くお酒は楽しみたいものだと思います。





2010年06月12日 | こころの科学 体もちょっと | トラックバック(0)件 | コメント
2011.05.31 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。